ソーシャライズ ニュース

ソーシャライズ ニュース イメージ画像

外国人材活用

 ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイト『ダイヤモンド・オンライン(http://diamond.jp/)』に、昨年末から「中原淳のグローバル人材育成を科学する」という連載が始まっています。著者は東京大学 大学総合教育研究センターの中原淳(なかはら・じゅん)准教授です。

 厚労省の国立社会保障・人口問題研究所は4月10日に「将来推計人口」を公表しました。人口が減少しつつあるという事はほとんどの人が認識しているとは思いますが、その中身をしっかり考えると将来的に恐ろしいことになっています。 過去15年間で34歳以下の人口は約22%減少

 人手不足を感じる企業はここ数年益々増えており、最悪の場合、求人難により企業が倒産するケースも出ています。労働力、人材確保は、現代の大きな経営課題の一つになっています。  帝国データバンクは全国の企業2万3,796社を対象に人手不足に対する企業の動向調査を実施

 近年、日本では「人材不足」が大きな問題になっています。その原因として挙げられるのが少子高齢化と職業のピラミッド化だと私は考えています。 職業ピラミッドの原点は日本の教育の仕組みと考えています。義務教育を終え、大学に進学する人が、少子高齢化による若者の絶

 本格的な少子高齢化社会に入った日本は労働力不足問題に直面しています。そのため、日本企業の間では外国人留学生への期待が高まり、採用が少しづつ増加しています。日本学生支援機構の「平成27年度外国人留学生在籍状況調査」のデータによれば、日本で学ぶ留学生は208,379

↑このページのトップヘ